木の器を制作・販売している「くだものうつわ」のお店の入口

山形県上山市にある木工房と実店舗

お店と工房のある山形県上山市は東京駅から山形新幹線で2時間40分。JRかみのやま温泉駅で下車し、車で15分ほどのところに「くだものうつわ」はあります。
山形県はさくらんぼをはじめ、ラ・フランスやすもも、りんごなど果物の一大産地として知られています。くだものうつわのある工房とお店のまわりには果樹園が広がり、遠くに蔵王の山々、月山、鳥海山などの山に囲まれた自然豊かな土地です。


くだものうつわのお店の店内

果樹王国山形で果樹農家さんとのつながりを大切に木のうつわを作っています

くだものうつわがつくる製品は、役目を終えた木や伐採された枝、幹を使用しています。地元の果樹農家から原木を提供してもらい、製材して自然乾燥させます。本来なら廃棄されてしまう木材をいかして、器を作る。作った器は地元の農家さんとつながり、全国のお客様とつながっています。
さくらんぼ、ラ・フランス、柿、りんご、すもも、くるみ、桑など8~10種類の木材を使ってひとつひとつ手づくりしています。


くだものうつわの人気商品「木の葉皿」を展示販売

くだものうつわの木

くだものの木は、少し赤みのあるさくらんぼの木や乳白色に墨のような模様が時々入るら・ふらんすの木、ソバカスのような模様があるものもある柿の木など樹種により色や表情がさまざまでどれも温かみがあります。

敷地内にあるくだものうつわの工房では日々、様々な天然木を使って木の製品を制作しています。
くだものうつわ工房については[くだものうつわについて]をご覧ください。


店舗には通販で取り扱っていない木製品も販売

くだものうつわのお店の商品

「くだものうつわ」のお店では、当ホームページの商品一覧に掲載されていない一点ものの器もございますので、ぜひご来店ください。またそのときどきの樹木を使い手作りしていますので、ご希望の品が店舗にない場合もございます。在庫につきましてはお気軽にお問合せください。

くだものうつわの店内を画像で紹介

「くだものうつわ」のお店は、民家を改装した木造のお店です。入口の引き戸を開けるとカトラリーなどの小物製品が並んでいます。奥には木の葉皿やトレー、小ぶりの家具もございます。
カップやお椀などは実店舗で販売しています。手に取ってお気に入りの1点をお選びいただけます。



所在地 〒999-3101山形県上山市金瓶字水上6-2
電話・FAX 023-672-5861
営業時間 10:00~17:00
定休日 元旦~1月3日
アクセス JR山形新幹線のかみのやま温泉駅より、タクシーで約15分
または、かみのやま温泉駅でJR奥羽本線の山形行きに乗り換え、茂吉記念館前駅で下車。徒歩約20分
東北中央自動車道の山形上山インターチェンジより、約3分
地図 Google mapをみる